2017年11月19日

痔の人の多い事・現代病

痔の人の多い事


「実は痔なんです」と勇気を出して訴えてくれる女性もチラホラいます

以前 祭りの仲間で飲んでいる時 痔の話になったら
本当に多くの子達が 「俺も、俺も」と
こんなに痔の人が多いなんてビックリした覚えがあります

僕はその時、ウオシュレットが原因かと思いました

僕は 衛生的に嫌いなので余り使いませんが・・・・ (ノズルから菌が移りそうで)
あの強烈な水流で 尻の穴を綺麗にしてしまうと
尻の穴の粘膜を保護する為の 体液が根こそぎ そぎ取られる
つまり 逆に 細菌に対して無防備になる
それが 痔の原因になるのでは と考えていました



最近の研究結果を聞くと
座る事が緊張に繋がるという
つまり 坐骨周辺(肛門の近く)が緊張するとなれば
痔にも影響するのではないかと思いました



清潔にし過ぎるのも考え物です

こんな話も聞いたことがあります

「出産時 産道を通り 出る瞬間 ケツの穴から脱糞し 赤ちゃんはお母さんの糞まみれになる
その事により お母さんの腸内細菌が赤ちゃんに移る」

「健康の人の糞・腸内細菌を移植すると 不健康な人の腸内環境が変わる」

そんな汚い話も本当のような気がします

手を洗いすぎるのも 身体や髪の毛を洗いすぎるのも 歯を磨きすぎるのも
本当は良くないことかもしれません
アレルギーの増えた原因かもしれません

僕は
トイレでは紙を使い 歯磨きは塩でサッサと磨き シャンプーも余り使わない
痔も無いし この数年は虫歯にもならない
そう考えてみると
世間の常識は・・・・大手企業の都合のいいように作られているのではないかと思います



兎に角 痔は腸の不調を表す、大切な身体からの信号です
ボラ○○ール 等で誤魔化してばかりいると
しっぺ返しを食らうかもしれませんね




ありがとう整体のHP


関節の靭帯のゆるみ についての説明ページ


関節の靭帯のゆるみ の解説動画↓


お客様の声のページ


ありがとう整体院のYouTube集




整体師養成講座開始
定年退職者、フリーター、母子・父子家庭
これからの高齢者社会では役に立つ技術です
メールからお問い合わせください






#骨盤のねじれが気になる時の整体は愛知県三河

  


Posted by せいたいやろう  at 08:30Comments(0)座る事の緊張

2017年10月15日

テレビは寝転んで見たほうが良い

テレビは寝転んで見たほうが良い

昔、天才治療師が言っていたことを思い出しました

「座ってテレビを見るくらいなら、寝転んで見たほうが 身体に良いよ」と

その時は 変なことを言うなと 理由も聞かなかったような気がします


最近 オーストラリアの研究機関が

長時間座ると寿命が縮む 座ってテレビを一時間見ると 22分寿命が縮む と発表

どんな 研究なのか分りませんが それが本当なら・・・・


天才治療師の言うことは 10年以上後になって 理解できます

その時は なんで? と思う事が多い


研究の話では

人間の骨格は 元々 座るようにはデザインされていないそうです

つまり

座ることは それだけで緊張することになるようです



車の運転も パソコンを操作するのも 会社の事務も

座って 指を使う

お尻から緊張 手指からも緊張が入り込む

この緊張は 肩甲骨の内側に貯まる 腎臓にも貯まる



現代人の腎臓は かなり弱っています

食べ物が問題ではありません

姿勢や緊張が問題なのです



予防法は

立って仕事をし、疲れたら 横になり寝る

そんな生活をすることです・・・・?

そんなこと出来るわけがない 当然です

では

後ろ意識を日常化し

手指の緊張を取る お尻の(坐骨)の緊張を取る

この二つを毎日実践することです





ありがとう整体のHP


関節の靭帯のゆるみ についての説明ページ


関節の靭帯のゆるみ の解説動画↓


お客様の声のページ


ありがとう整体院のYouTube集




整体師養成講座開始
定年退職者、フリーター、母子・父子家庭
これからの高齢者社会では役に立つ技術です
メールからお問い合わせください






  


Posted by せいたいやろう  at 09:00Comments(0)座る事の緊張

2017年09月10日

病院の待合室で1時間座っていても大丈夫だった

病院の待合室で1時間座っていても大丈夫だった


「階段がスイスイ登れるようになった」
「疲れにくくなった」
「暴飲暴食がなくなった」
「肩こりがなくなった」
「本当にいろいろ変わりました」

という

いつも
親御さんの付き添いで 病院で一時間以上 座って待っているのだそうですが

「それが全然苦痛で無くなった 座っていても大丈夫だった」


座る事が苦手な人達が大勢います
坐骨と脳の神経反射異常があると
座った瞬間に骨盤がずれます
当然 背骨や首も捩じれるため
自律神経が緊張します
長い時間座っている事が苦痛なのです

「長時間座ると 寿命が短くなる」という研究結果が出ています

座らない人はいません
車の運転、いや 乗り物に乗るのも 座る事が殆どです

人生の何分の一は 座る時間です


問題があれば 調整が必要です

もちろん 彼女も調整をしました
いろいろな部分が変わったのも この調整が良かったのかもしれません


普通は こんな事は知りません

「座る事が苦手」だと感じるあなた!
それは感覚の間違いではありません

本当に「座る事が苦手」なのです

これは、脳との連携を治すしかないのです





ありがとう整体のHP


関節の靭帯のゆるみ についての説明ページ


関節の靭帯のゆるみ の解説動画↓


お客様の声のページ


ありがとう整体院のYouTube集




整体師養成講座開始
定年退職者、フリーター、母子・父子家庭
これからの高齢者社会では役に立つ技術です
メールからお問い合わせください






  


Posted by せいたいやろう  at 09:00Comments(0)座る事の緊張

2017年07月26日

足裏の感覚を変える整体【愛知】

40代女性から1回目の後
お子様も観て頂きたいというメールの中での
自身の体験を寄せて頂きました

【木曜日は心地良い施術をしていただき、
どうもありがとうございました。
その後、立っている感覚も座っている感覚も
今までとは全然違っていてびっくりしています。
特に、椅子に座った時に膝から下が
重力で自然にまっすぐに下に降り
床にぴったり着く感覚は初めての経験です。
常に椅子の上に胡座をかいていないと
座り続けることが苦痛でしかなかったことが
嘘のようです。】



まさに 私の整体が目指している

「立った時、歩いている時に 足裏にきっちり体重(重力)が乗る」
「座った時 坐骨にきっちり体重(重力)が乗る」
その事で 治癒力が発動する

こんな感覚の調整は
他の整体では味わえない
と自負します

この方は 魚の目がいつまでたっても治らない
魚の目を削っても削っても また再発する

とおっしゃっていました
それは 足裏に体重が上手く乗っていないことが原因です


ありがとう整体のHP


関節の靭帯のゆるみ についての説明ページ


関節の靭帯のゆるみ の解説動画↓


お客様の声のページ


ありがとう整体院のYouTube集




整体師養成講座開始
定年退職者、フリーター、母子・父子家庭
これからの高齢者社会では役に立つ技術です
メールからお問い合わせください







  


Posted by せいたいやろう  at 09:00Comments(0)座る事の緊張グランディング

2017年06月30日

スマホの使い過ぎで手がしびれる人が増えています

スマホの使い過ぎで手がしびれる人が増えています


「手指がしびれるんですが・・・」
と言う人達が 本当に多いです

何度か治している人たちなので
体軸はしっかりしているので
聞いてみると 皆さん
「スマホをかなりやっています」

いくら 身体を調整しても
スマホをガンガンやってしまえば 問題が出てきます


最近読んだ本
「スマホ首が自律神経を壊す」松井孝嘉著
このなかに
スマホ首コリ病セルフ診断「問診票」30項目があり
【29】頭がのぼせる。手足が冷たい。しびれる。
【30】胸部が痛い。胸部圧迫感がある。胸がしびれる
とあります
まさに 当院に訪れる方にも多い現象です


腕の疲れが解ったり、痛み、しびれる というのは
まだ神経が信号をだす(身体からの警告サイン)が
それが過ぎると(薬、マッサージ、シップ、中毒)
麻痺して感じなくなる
スマホを平気で1時間以上やれるのはおかしいのです


当院でも お客様が
「今迄よりもスマホが出来なくなりました、スマホを使うと疲れるんです」
という声を頂ます
これは身体が弱くなったというのではなく
正常な反応だという事です
ぜひ
「スマホ首が自律神経を壊す」松井孝嘉著を読んでみてください
スマホの使い過ぎが身体を壊していくのです

そんな事 テレビでは絶対に問題にしません
子供にスマホは良くないというのは、教育上という点での報道だけです
子供も大人もスマホで自律神経をおかしくさせられるのです


スマホが原因で身体の調子が悪くなっているかもしれないのに
そのスマホで 自分の調子の悪い原因をひたすら探すのです



ありがとう整体のHP


関節の靭帯のゆるみ についての説明ページ


関節の靭帯のゆるみ の解説動画↓


お客様の声のページ


ありがとう整体院のYouTube集




整体師養成講座開始
定年退職者、フリーター、母子・父子家庭
これからの高齢者社会では役に立つ技術です
メールからお問い合わせください





  


Posted by せいたいやろう  at 09:00Comments(0)座る事の緊張眼球のクセ解毒・デトックス

2017年06月29日

坐骨の問題(ブロック)と腰痛・坐骨神経痛

坐骨の問題(ブロック)と腰痛・坐骨神経痛


『ヨガを少しやっていて「お姉さん座り」が出来ない
先生には男性は股関節が固いので、出来にくいので
しっかりやっていきましょう』
と言われている というので

今、やってみて と促すと
『あれ? 出来ます、なんで?』

肘のロックを外す施術を開発後

坐骨にもロックがある事が解ったので
この男性にも調整をしました

その直後の「お姉さん座り」の話です


以前
【座る事で寿命が縮まる 】
【坐骨のセンサーが間違っている】
という話をした

長い間 間違った、ずれたまま 座る事で
座るたびに バランスを保つために
坐骨を緊張させて いた (この緊張は必要であった)
坐骨のロック現象 と呼ぶ

坐骨のセンサーを治して
もうその緊張は抜けても良いはずなのですが
緊張していた時間が長いと
坐骨のロックを 施術で解除しなければいけない


坐骨のロックがあれば
腰痛や坐骨神経痛の原因になりうる


この問題は 筋肉をもんだり、関節を矯正しても
解除されることはない
問題は 脳からの指令 を解除しなければいけません



ありがとう整体のHP


関節の靭帯のゆるみ についての説明ページ


関節の靭帯のゆるみ の解説動画↓


お客様の声のページ


ありがとう整体院のYouTube集




整体師養成講座開始
定年退職者、フリーター、母子・父子家庭
これからの高齢者社会では役に立つ技術です
メールからお問い合わせください







  


Posted by せいたいやろう  at 18:00Comments(0)座る事の緊張

2017年06月28日

40年間座る事で身体を壊し続けていた・死ぬまで続けますか?

坐骨の問題

「座るたびに、自律神経を緊張させていた」
「座る事で、内臓も脊髄も脳も、ねじり緊張させていた」
「座るたびに 身体が緊張を強いられていた」

40代女性 先週1年ぶりに来院 2回目
「坐骨のセンサー」は以前、チェックしたはずなので
その問題は無いと思っていたが
今回 彼女が
「私、昔から 座ると何故か 左に傾き、肘を付きたくなるんですよね」
「立っているのも辛いし、座るのも辛い、正座は大丈夫なんだけれど」
とおっしゃるので
固い椅子に座ってもらった所
完全に有りました 見た目にも現れています
左の坐骨が柔らかく、右の坐骨が固いのです
これでは、座ると左に傾き、骨盤もねじれ、内臓も脊髄も脳もねじれます

早速 調整をする事に
調整後のインタビューです



「坐骨が左が固くなり、右が柔らかい、座り心地が全然違います
気持ちが悪いくらい の変化です、不思議、立つのも楽です」
「昔から、何十年もこの状態だったんだ、見つかって良かった」

彼女が帰ってから 考えてみた
「以前、検査をし忘れたのか? 検査ミスだったのか?
あれだけ 坐骨の違いがあれば 解りそうなものなのに?」
喜んでもらったのは良いのですが・・・・


その直後の
長野県から初めて来院された男性
「靭帯のゆるみ」が全身にありました
「坐骨のセンサー」検査をすると 問題なさそうです
(この時点では、検査に反応しません)

「靭帯のゆるみ」も含めた全身調整をし
もしかして? と思い
「坐骨のセンサー」を再検査すると
☆☆☆!!!
問題が浮き出てきたのです
身体が隠していたようなのです、不思議です。

「坐骨のセンサー」は絶対に治しておかなければなりません
座らない人はいません、座るたびに 骨盤を、内臓を、脊髄を、脳をねじるのです
自律神経が緊張させられるのです


最近 こういう現象をよく見ます
「靭帯のゆるみ」も治したはずなのに
「肘のロゥク」「坐骨のロック」を外すと
隠していた 「靭帯のゆるみ」が出現するのです

この場合も 身体の中心軸を調整する過程で
この問題が浮き出てくるのです
調整するには 順番があるようです

いきなり 痛みをとろうとする治療では
この深い問題は浮き出てきません

人体の不思議を再認識した日でした


長野県の男性も いろいろな治療院、整体に行きましたが・・・
身体が全然違いますと 喜んで帰って頂きました
(この男性、運がついていると思います。だって直前に発見したのですから)



ありがとう整体のHP


関節の靭帯のゆるみ についての説明ページ


関節の靭帯のゆるみ の解説動画↓


お客様の声のページ


ありがとう整体院のYouTube集




整体師養成講座開始
定年退職者、フリーター、母子・父子家庭
これからの高齢者社会では役に立つ技術です
メールからお問い合わせください





  


Posted by せいたいやろう  at 18:00Comments(0)座る事の緊張

2017年06月28日

身体が悲鳴をあげる理由

身体が悲鳴をあげる理由


人類の進化過程で
こんなに目を酷使する時代はない
こんなに指を細かく使う時代はない
こんなに椅子に座る時代はない
こんなに多くの電波の中で暮らす時代はない
こんなに薬を使う時代はない

人間の身体が凄いといっても
わずか何年で ここまで変わると
身体や脳は大混乱を起こしているはずだ


原因が解らないといわれる病気が増えるはずです


整体も同じ
20年前の調整をしても 解決しません

中国3000年の歴史ある 東洋医学的な調整も必要ですが

最近20年の新しい調整法を組み入れないといけないと思います

特に脳の疲労度、緊張度はかなり増していることは間違いありません
20年前とは 空間の電波の量が全然違うのです
脳は常に緊張を強いられています
この緊張を抜く事が大事です


「靭帯のゆるみ」に関しても
麻酔、出産、薬害、捻挫、など以外にも
飲酒、座り過ぎ、時差でも ゆるむ可能性があるようです




現代人に対応できる 新しい整体です



ありがとう整体のHP


関節の靭帯のゆるみ についての説明ページ


関節の靭帯のゆるみ の解説動画↓


お客様の声のページ


ありがとう整体院のYouTube集




整体師養成講座開始
定年退職者、フリーター、母子・父子家庭
これからの高齢者社会では役に立つ技術です
メールからお問い合わせください



  


Posted by せいたいやろう  at 09:00Comments(0)座る事の緊張内臓下垂

2017年06月27日

お尻に力が入っているの解ってますか?

お尻に力が入っている

立っても、座っても お尻に力が入っている事に気づいていますか?

坐骨の問題を施術する度に
皆さん、お尻に力が入っているんだなと痛感します

座る事の多い現代人には きつい現象です


骨盤を整える という施術では解決できません
もちろん、お尻をマッサージしても 解決にはなりません


「坐骨のセンサー」を修正して
「肘のロック」を解除すると
もっと深い部分の
「坐骨のセンサー」問題が出てきます
再度 修正すると
「坐骨のロック」を解除できます
すると
もっと深い部分の「靭帯のゆるみ」が出現します
順番があるのです


私自身も 最近解った部分が多い
身体の不思議を感じます
何層にも原因は積み重なっています
身体を壊すのも 歴史があるのです


痛みや 不具合を 誤魔化してとる 施術をしないと決めて
10年以上経ちました
経営的にもかなりやばい時期もありました
でも
原因の原因の原因と 身体を探っていくと
本当に 不思議な事を発見できます
途中では お客様に迷惑もかけたかと思いますが

こんな整体師もいても良いんじゃないかと思います

世界でただ一つの整体だと自負しています


車の運転も
パソコンも
食事も
椅子に座ってするとなると

立位での重心問題よりも
座位での重心問題がかなり重要です


硬い椅子に座り
身体を右左と倒しながら
左右のお尻の硬さを比べてみてください

左右差を感じるあなた
「坐骨のセンサー」が狂っていますよ!
治さない限り
一生座る事で問題が発生し続けます


もう一度書きます
「普通の整体の骨盤矯正、ストレッチ、ヨガ、体操、マッサージでは全く治る事はありません」


坐骨のセンサー は数年前に 天才治療師からヒントを頂きました
坐骨のロック は H28年11月に 私が発見しました


ありがとう整体のHP


関節の靭帯のゆるみ についての説明ページ


関節の靭帯のゆるみ の解説動画↓


お客様の声のページ


ありがとう整体院のYouTube集




整体師養成講座開始
定年退職者、フリーター、母子・父子家庭
これからの高齢者社会では役に立つ技術です
メールからお問い合わせください



  


Posted by せいたいやろう  at 09:00Comments(0)座る事の緊張

2017年06月22日

車の乗り心地が変わった【お尻整体・愛知県】

車の乗り心地


「軽自動車が高級車の乗り心地」というユーチューブ画像をみて

今までは、何か解らなかったが
急に解るようになりました
「確かに、車の乗り心地が良いんです」
という声を頂きました

お尻の緊張が取れ、坐骨の収まり具合が良くなると
座り心地が良く、長い時間座っても楽になります
眼球の動きが良くなり、周辺視野が広がるので 運転もしやすくなります


この女性は尾張地方から1年以上、月一回通って頂いていますが
このところの坐骨の緊張を取る手技が より感覚を育てたのではないかと思います


座ることで 内臓下垂を起こし、自律神経の緊張を生む
そんな事で調子を崩している人は山ほどいると思います


椅子に長時間座ると 寿命が縮まる
というオーストラリアの研究結果もあながち嘘でないでしょう!


皆さん!
自分の座り方どうですか?







  


Posted by せいたいやろう  at 09:00Comments(0)座る事の緊張グランディング眼球のクセ