2019年01月14日

やる気スイッチ 勉強

やる気スイッチ

坐骨の左右差があると
必ず、座るたびに骨盤が捻じれ、背骨が捻じれ、脳も捻じれます
坐骨のセンサー異常と言います
普通の整体屋さんがいう
骨盤がズレています
というものではありません

脳からの指令がズレているので
筋肉を調整しても
座った瞬間に骨盤は捻じれます

治さなければ
一生このままでいきます
(一度治せば、死ぬまで良さそうです・・今のところ)

そこに
骨盤底筋群のゆるみ もあれば

もう
座る事が大嫌いになります

勉強なんて糞くらえの状態です
やる気スイッチなど入るわけがありません



舌ビラの位置がどこにありますか?
上側にあるのが正常ですが
多くの子供たちが
下にある状態です

この状態では
口呼吸になり
呼吸が浅く、脳に酸素が行きにくい

つまり、集中力が阻害されてしまいます



精神論で頑張らせようと
やる気スイッチを入れさせようとしても
無理があるのです

身体を使う
無意識の部分に問題があるのです


身体を整える事が
やる気スイッチを ON にする
手っ取り早い方法かもしれません


勉強が嫌いなのではなく
座る事が嫌い

そんなケースもあるので
お子さんの座った様子を観察してみてください


坐骨のセンサー異常
骨盤底筋群のゆるみ
舌セラピー

3つとも、計20秒で調整完了です
(検査には時間をかけますので・・調整時間はという意味です)



東京進出決定
H31年3月10日(日)11日(月)に目黒駅徒歩3分


ありがとう整体のHP


関節の靭帯のゆるみ についての説明ページ


関節の靭帯のゆるみ の解説動画↓


お客様の声のページ


ありがとう整体院のYouTube集





靭帯のゆるみの 再説明ページ
http://seitaiyarou.boo-log.com/e455667.html

坐骨のセンサー異常の 再説明ページ
http://seitaiyarou.boo-log.com/e455797.html

地軸の4つのブロック の説明ページ
http://seitaiyarou.boo-log.com/e454690.html





同じカテゴリー(関節の靭帯のゆるみ)の記事画像
横浜から来た男性の感想
小学生からの報告 子供の整体
新谷弘美 腸のゆるみ たるみ
甘い物が欲しくなくなった
「浮指」「二の腕」「顎のたるみ」「腸のゆるみ」
舌セラピー 滑舌 どもり
同じカテゴリー(関節の靭帯のゆるみ)の記事
 横浜から来た男性の感想 (2019-01-20 20:20)
 小学生からの報告 子供の整体 (2019-01-13 10:28)
 男性の尿漏れ激増中 (2019-01-10 10:27)
 新谷弘美 腸のゆるみ たるみ (2019-01-08 10:07)
 甘い物が欲しくなくなった (2018-12-25 11:45)
 「浮指」「二の腕」「顎のたるみ」「腸のゆるみ」 (2018-12-22 08:52)

Posted by せいたいやろう  at 10:00 │Comments(0)関節の靭帯のゆるみ座る事の緊張舌セラピー

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。